臼井卓也(うすいたくや)


ごあいさつ

私は、高校時代と社会人時代を橿原市で過ごしました。

奈良県立畝傍高等学校に進学し、剣道部の主将として文武に励みました。

練習後には大和八木駅前で学割うどんを食べ、初恋の女性とはJR畝傍駅で出会いました。

大学生になり、二十歳を超えてからは、駅前の居酒屋さんで友人たちと夢を語り合い、社会人として教育者になってからは、橿原市に住む子どもたちに生きる道を伝えてきました。

そんな私の世代には、仕事や結婚で他府県に移り住み、盆と正月にしか帰省できない人が大勢います。 

生まれ育った土地を離れて暮らすということは、必ずしも幸せなことばかりではないと思います。

だからこそ地元に帰ってきた時には、「やっぱりここは良いな」とホッと出来るような街にしたい。

地元を離れていなくても、学校や仕事から帰ってきた時には、「ただいま」と「おかえりなさい」が響くような温かい家庭をサポートしたい。

一人暮らしや共働きでも、夕暮れの帰り道を歩く時には、「今日も一日おつかれさま」と優しく包んでくれるような街の雰囲気にしたい。

そんな心休まる温かい街にすることが、私の想いです。

月並みに、「若い力で!」などと言うつもりはありません。

志の前に若いもヘチマもありません。

やるからにはこの身を、何よりも、誰よりも、この国に、この街に奉じたいと思います。